画像2

朝晩と冷え込む日があるものの、すっかりお花見の季節になりました。開花宣言も出て、週末には花見でも? とお考えの方も多いのでは?

今回は、お花見スポットが多い東京の中で、お出かけしながらお花見が楽しめる5つのスポットをご紹介します!

 

国立科学博物館 附属自然教育園

附属自然教育園1出典:http://www.tokyuensen.com

東京メトロ南北線、白金台駅から徒歩7分にある『国立科学博物館 附属自然教育園』は、ソメイヨシノだけではなく、ヤマザクラ、オオシマザクラ、ウワミズザクラ、イヌザクラ、エドヒガンなどが見られます。

敷地面積は驚きの20ha(6万坪)もあり、ゆっくりと園内を散策すれば、花だけではなく、鳥や蝶にも出会えるでしょう

 

住所:〒108-0071 東京都港区白金台5-21-5

TEL:03-3441-7176

休園日:毎週月曜日 (ただし、祝日・休日の場合は開園し、火曜日が休園)祝日の翌日(ただし、土・日の場合は開園)臨時休園もありますので、お出かけ前に必ずご確認下さい。

 

浅草花やしき

KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERA

出典:http://www.air-home.jp/fdetail/17660/

庶民の遊園地『浅草花やしき』に、樹齢60年の1本桜があることはご存じだったでしょうか?通常は18時閉園の花やしきでは、桜が咲いたこの季節限定で、夜桜ビアガーデンが開催されています。

遊園地でたっぷり遊んだあとは、夜桜を見物しながらビールで桜に乾杯! いつもと少し違うお花見を楽しむのもいいかも知れません。

 

住所:〒111-0032 東京都台東区浅草2-28-1

TEL:03-3842-8780

休園日:決められた休園日はありませんが、天候などにより閉園時間が早まる可能性があります。臨時休園もありますので、お出かけ前に必ずご確認下さい。




あなたにオススメのコンテンツ

国立劇場

国立劇場出典:http://sanpo02.lolipop.jp

『国立劇場』の前庭には、スルガザクラ、スルガコマチ、コマツオトメ、ジンダイアケボノ、センダイヤなどの珍しい桜が植えられていて、ソメイヨシノとは違う魅力を見せてくれます。

桜開花期間には、国立劇場さくらまつりが開催されていて、お休み処と温かいほうじ茶のサービスをしてくれます。桜を見たあとに観劇をするというのも、楽しみ方の1つですね。

 

住所:〒102-8656 東京都千代田区隼町4-1

TEL:03-3265-7411

国立劇場さくらまつりの期間中(~4/3)は、上演や展示をされています。

 

善福寺公園

善福寺公園出典:http://mrs.living.jp

JR「荻窪」から関東バス南善福寺行き「善福寺公園前」下車した場所にある『善福寺公園』は公園の敷地面積の約半分を占める善福寺池が中心の公園です。

上の池と下の池に分かれていて、池の周辺に桜が咲いています。歩いて見るのもいいですが、土曜、日曜、祝日などはボートの貸出がありますので、水上から眺める桜を楽しむのもいいですね。

 

住所:〒167-0041杉並区善福寺3-9-10

TEL:03-3396-0825

 

JRA馬事公苑

JRA馬事公苑出典:http://www.jra.go.jp

JRA=競馬だけだと思っている貴方!『JRA馬事公苑』の桜は凄いです。500本にも及ぶ多数の桜が順次咲き乱れ、桜色の美しい景色の中に見える馬の姿は、純粋に綺麗です。

毎年桜まつりが開催されていましたが、2020年東京オリンピックの馬術競技会場、開催地に選定。

その工事が始まるため、今年が最後の桜まつりです。

東急田園都市線桜新町駅から徒歩15分です。今年がラストチャンス! ぜひ足をお運び下さい。

 

住所:〒158-8523 東京都世田谷区上用賀2-1-1

TEL:03-3429-5101

まとめ

画像1

いかがでしたでしょうか? お花見だけではなく+αが楽しめるスポットを中心にお送りしました。デートに、家族サービスに、とどなたでも楽しめる「お花見スポット」ですので、気になる場所があれば、ぜひ訪れてみて下さい。

 

桜の命は短いので、お早めに……。