画像0

こんにちは。

新学期に向けてこれから1人暮らしを始める大学生の皆さん、お部屋探しは順調でしょうか?

家賃はなるべく安く抑えたいけれどちゃんとした賃貸を借りたいですよね。

学生はどれくらいの家賃が相場なの?といった疑問もあるかと思います。

今回は大学生の1人暮らしにかかる費用をご紹介したいと思います。


 

家賃の相場

首都圏で行われたあるアンケートでは、平均58,128円!

次点で多いのが40,000円代という結果が出ています。

比較的、物価の安い地域では3万円前後が多いようです。

 

参考までに、地方在住の私が大学生だった頃はバストイレ別のワンルームで管理費込み45,000程度の物件に住んでいました。

壁が薄いということもなく、いたって普通の物件でしたので、首都圏外の方でしたらこれくらいの相場なら無難な物件を借りられるのではないでしょうか。

(もちろん、ちゃんと実際に物件を見て立地条件などからも「これなら大丈夫」というのを見つけて下さいね。)

 

1ヶ月の生活費

画像1

では、1ヶ月の生活費はどれくらいかかるでしょうか。

 

一般的な学生の1人暮らしにかかる費用

電気代、ガス代、水道代がそれぞれ3,000円程

食費が約20,000円、

携帯代が約7,000円、

日用品が約4,000円、

衣類が5,000円くらいです。

 

すると、1ヶ月の生活費は約45,000円かかることになります。




あなたにオススメのコンテンツ


 

生活費以外にかかる費用は?

生活費以外の費用も見ていきたいと思います。

 

大学生と言えば、かさむのが交際費ですよね。

私はなるべく10,000円以内に収まるように気を付けていました。

 

また交際費とは別に、個人で楽しむための娯楽費5,000円雑費3,000円くらいでしょうか。

合計しますと、生活費以外の諸費用は約18,000かかります。

 

しかし、大学生は授業の教材費、ゼミやサークルでの行事にかかる費用もあるため、もう少し上乗せして考えておけば、間違いないでしょう。

 

トータルの費用は?

画像2

家賃が平均相場の約60,000円としますと、1ヶ月に必ずかかる費用は少なく見積もっても123,000円

その他大学でかかる費用等の余裕を見て150,000円はかかると思っておいた方がいいです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

大学生は収入に反して何かと出費がかさみます。

私も仕送りとバイト代で何とか毎月やりくりしていました。

自分で稼いでいたお金は約70,000円、仕送りが50,000円と、ご紹介した費用ギリギリでの生活でした。

でも周りの皆も同じような環境だったので、お互いに励まし合って学生生活を楽しんでおりました。

皆さんも良き学生生活が送れますように!