日焼け止め2016!定番の人気商品まとめ! SPFの比較や選び方など!

 

日焼け1

こんにちは。

日差しが強くなり、紫外線が気になる季節になりましたね。

つい先日、天候の良い日に油断して軽装で出かけたらすっかりお肌が赤くなってしまいました…。

日焼け止めをしっかりぬるべきだったなあと反省中です。

 

日焼け止めといえば、色んな種類がありますよね。

あれって何を選べばいいのか迷いませんか?

今回は日焼け止めの種類やこれぞ定番!といった日焼け止めのご紹介をしたいと思います!

 

日焼け止めの”SPF”ってなに?

日焼け止めに表記されるSPFって何なのでしょう?

SPFとは “Sun Protection Factor” の頭文字をとったもので、紫外線に含まれるUVB派(皮膚に炎症をもたらすもの)を遮断する指数を表しています。

 

SPFの数値が高いほど日焼けしない時間が長いと解釈されがちですが、汗で流れたり環境によって変わってくるので数値の高いものを選べばいいというわけではないようです。

確かに数値が高いほど日焼け防止効果は高いですが、肌への負担も増します。

ですので、海へ行ったり、長時間外に居なければならない場合(この場合はSPF50が適しています)を除けば、SPF30程度の軽めものをこまめに塗り直すほうが良いでしょう。

 

日焼け止めの選び方

日焼け2

日焼け止めには、クリームタイプ乳液タイプローションタイプジェルタイプ等いろんな種類があります。

 

ドライスキンや敏感肌の方はクリームタイプ

○もう少しサラッとした感触のものが良い方は乳液タイプ

日常的なスキンケアに取り入れたい方はローションタイプ

軽い使い心地を求める方はジェルタイプ

 

以上のような選び方が一般的です。

また、最近ではスプレータイプも出て来ており、メイクの上から日焼け止めをぬりたいときに大変おすすめです。

 

これぞ定番!人気の日焼け止め

『カネボウALLIE アリィー エクストラUVジェル ミネラルモイストネオ 90g SPF50+/PA++++

アリーと言えば、CMでも有名ですね。

こちらの日焼け止めはSPF最高数値を誇るのに潤いも得られ、専用のクレンジングが無くても洗顔料や石けんで落とすことができる優れものです。

これからの時期、外での活動が増える方におすすめの日焼け止めと言えるます。

 

『花王 キュレル UVミルク SPF30 30ml

キュレルは敏感肌用の基礎化粧品でご存知の方も多いでしょう。

こちらの日焼け止めは全身に使え、お肌への負担も少ないので、敏感肌の方やオフィス勤務であまり日照時間が少ないといった方におすすめです。

 

まとめ

いかがでしたか?

日焼け止めはむやみに数値の高いものを選ぶとお肌を傷つけてしまったり、トラブルに見舞われたりします。

ご自身のライフスタイルに合ったものを選び、健やかなお肌でいられるようにしましょう!

スポンサーリンク