誰もが一度は食べた事があるであろう『カップヌードル』。ふと食べているとしっかりした味付けの四角いお肉がラーメンのスープに浮いていますよね。今回その正体や今度発売される『謎肉祭』について調べて見ました。


 

まず謎肉の正体って?

原材料がよく分からない肉の塊「謎肉」。

何故そう呼ばれているかというと、ネット上やユーザーが何て呼んでいいのか分からず「謎肉」と言いだしたのを、製造メーカーである日清もなぜか納得し、謎肉という名称が公認になっているそうです。

簡単に言うと謎肉=味付け豚ミンチ肉が正しい名称です。

もう少し詳しく言えば、カップヌードルに使用した肉 (ダイスミンチ) は、味付けした豚肉と野菜などをミンチ混合してフリーズドライ加工したものです。と公式で発表されたことがあります。

カップヌードルの裏表示にも、かやく(味付け豚ミンチ肉)と記載されているので、暇なときや買った時に確認してみて下さい。

ですが普通のカップヌードルは、2009年頃から「コロ・チャー」という、謎肉と同じようなサイコロ状のチャーシューに変わっている為、謎肉を楽しみたい場合カップヌードル ビッグ カップヌードルキング スープヌードル カップヌードルライトでお楽しみください。

謎肉 画像

(出典元:http://kyomohot.com/)




あなたにオススメのコンテンツ


 

カップヌードル謎肉祭開催!

9月12日から発売される「カップヌードルビッグ”謎肉祭”肉盛りペッパーしょうゆ」。

希望小売価格は205円(税別)で残念ながらカロリーは発売されるまで不明という事です。

1971年9月18日に発売した「カップヌードル」が今年で45周年を迎えたことを記念した商品です。

通常の「カップヌードルビッグ」の10倍も謎肉が入った商品で、たっぷりの謎肉からうまみが染み出たスープに、ペッパーでアクセントを加えている商品です。

パッケージデザインも記念商品らしいお祭り感を演出しています。

記念すべき商品として、なぜ謎肉を選んだのか、日清の広報担当者は-。

カップヌードルシリーズの具材で最も人気があり、要望が多かったため、どうせやるなら10倍にしようという話になりました。これまで『もっと食べたい』と思っていた方も満足できると思うので、楽しんでください」とインタビューに答えていたそうです。

(出典元:https://www.nissin.com)

まとめ

・謎肉の正体は味付けした豚肉と野菜などをミンチ混合してフリーズドライ加工したもの。

・『カップヌードル 謎肉祭』は9月12日発売、希望小売価格は205円(税別)。

という事が今回解りました。あの謎肉を思う存分味わえる機会ですのでお祭り気分で味わってみましょう。