paperman750

オンラインゲーム・ソーシャルゲームが溢れかえる昨今、人気や話題で長い事サービスが継続し定番タイトルになるゲームもあれば、ひっそりとサービスを終了していくゲームも少なくありません

そして例えどんなに人気があろうと、いつかは「サービス終了」という終わりが訪れてしまうのがオンライン・ソーシャルゲームの定めとも言えます

今回はちょっと寂しいお話ですが、サービスを終了する事が発表されたペーパーマン」について調査してみたいと思います

ペーパーマンとは?

ss04
出典:http://images.hangame.co.jp/hangame/core/ppm/home/ss04.jpg

人気のあったタイトルですので、知っている方もいるかも知れませんが、まずはどんなゲームなのかをご紹介しましょう

ペーパーマン」とはその名の通り「」で出来たキャラクターを動かし対戦する、FPS型対戦ゲームです

サービスの開始は2009212、実に7年間もサービスが続いた老舗オンラインゲームですね

 

FPSというとどうしても「ガチムチのオッサンが、むせ返る様な戦場で激しい撃ち合いをする」なんて想像してしまいがちではありますが、ペーパーマンの最大の特徴はなんといってもその可愛らしいキャラクターでしょう

前述の通り「」で出来ているのでペラペラなキャラクターは、火がつけば燃え撃たれれば穴が空き横を向けば線状になったりと、紙である事を生かしたユニークな演出が盛り込まれています

そんな風変わりな演出や可愛らしいキャラクターも相まって、FPSという人を選ぶ土壌のゲームでありながら人気を博し、今に至ります

 

サービス終了の理由は?

では、何故そんな人気ゲームがサービスを終了する、という事になったのか、理由はやはり様々ではあるかと思いますが、最大の理由は「過疎」と「運営」かと思います

 

オンライン・ソーシャルゲームバランス調整チート対策などの面からゲームの運営元に対して批判が集まりやすい傾向があるものですが「ペーパーマン」の運営についても、やはり例に漏れず「チート対策が遅い」「対応が悪い」などといった批判があったようです

勿論、それでも人が多ければサービスは続くものですが、そういったプレイヤーへの対応を疎かにすると、どうしても次々とプレイヤーは減っていくものです

また、公式からの発表によれば「20154から開発会社を変更し運営を続けてまいりましたが、クライアント強制終了などの致命的な不具合の改善がおこなえず~」という内容の文面も見受けられるので、運営体制の変更なども終了の原因の一つのようですね

 

どういった形にせよ、サービス終了というのは避けられない事ではありますし「この日時にサービスを終了いたします」と通知した上で一応円満にサービス終了するのはまだ良かった方と言えるでしょう

定期メンテナンスを開始したらデータが吹き飛んだのでサービス終了します、というとんでもない終わり方をしたゲームも存在する業界ですし……(笑)




あなたにオススメのコンテンツ

 

終了の日時とその反響

気になるサービス周りの終了日時は、以下のように決定しているようです

 

20161026日 「新規利用登録停止」 「有料ポイント「CASH」販売停止」

20161226日 ゲームサービス終了

2017131日 メールサポート受付・対応終了

 

この記事を書いている今現在から、サービス終了までは約3ヶ月の期間がありますね

人気のゲームだった事もあり、各所では様々な反響も見て取れます

 

・「まあ持った方だろ」

・「昔は結構やってる奴多かった」

・「かなり思い出あるゲーム」

・「むしろまだ続いてたことに驚いた」

・「大好きだったのに悲しい」

 

など終了を惜しむ声や、未だにサービスが続いていた事を知り驚く声などもあります

こういった長年続いたゲームサービスを終了する、という発表がなされると、独特の郷愁感というか、寂しい気持ちが湧き上がってきたりします

私もオンラインゲームは数多くプレイしてきているのですが、何度経験しても、少々寂しい気持ちになりますね(笑)

ペーパーマンまとめ

  1. サービス終了は1226

  2. 理由は開発の難航により

  3. 長く続いたゲームが終わるのはいつも寂しい

今回はこんな感じで〆たいと思います

実際のサービス終了や、新規利用登録の停止までは少し間がありますので、昔プレイしていた人や、プレイした事のない人も、最後に少し遊んで見るのも良いのではないでしょうか