image1
出典:http://www.myojofoods.co.jp/ippei-yomise/

「明星一平ちゃん~」のCMソングがすぐに思い浮かぶ人も多い、日清食品の「明星一平ちゃん」。

これまでも定番の「夜店の焼きそば」に加え「夜店の焼きそば塩だれ味」や「夜店の焼きそば辛子明太子味」などで多くのファンの心をつかんできた「一平ちゃん」シリーズにニューフェイスが登場することをご存知でしょうか。

 

その名も「カラムーチョ焼きそば」。

スナック菓子の「カラムーチョ」とのコラボレーションなのです。

どんな仕上がりになったのか、リポートしましょう。

スポンサーリンク

 

カラムーチョ焼きそばはこんな仕上がり!?

image2
出典:https://koikeya.co.jp/oyatsu/

カラムーチョといえば、湖池屋の人気スナック。

1984年の発売以来、「辛口ポテトチップス」の代表選手として多くの人に慕われてきました。

その人気の秘密は、絶妙なチリ味。

ただ辛いだけではなく、旨みを感じる味が評判です。

 

一方「一平ちゃん」は1995年に販売がスタートしました。

辛子のピリッとした刺激とマヨネーズのコクが、麺に直接絡んだ香ばしいソースと絡んでなんともいえないコッテリ感が人気です。

 

その二つのコラボ…否が応でも期待が高まります。

その特徴はソースにあります。

コラボに合わせて特別に作られたソースは、濃厚醤油がベースです。

そこにビーフのコクと旨み、ガーリックとシナモンのパンチと香り、さらにチリの辛さがガツンときいています。

もちろん、一平ちゃんならではの濃厚さはそのままに、しなやかな麺に絡むようになっています。

ふりかけはカラムーチョ風シーズニングパウダーに、フライドガーリック、ローストオニオンパウダー、唐辛子などをブレンド!

 

食べ始めたら口の中で複雑に主張する味に、やめられなくなる人が続出しそうです。

複雑で濃厚なので、食事としてはもちろんですが、ビールとのコラボもおすすめです。

なお、辛さはふりかけの量で調整できますが、ふりかけを全部使ったとしてもベースは濃厚醤油なので辛さよりも、むしろコクやコッテリ感が全面に出た仕上がりです。

より辛いものがお好みなら、カラムーチョをふりかけて辛さをプラスするという方法もありますね。

スポンサーリンク

 

○カラムーチョ焼きそばが欲しい人は

image3

出典:https://www.myojofoods.co.jp/news/

実はこのカラムーチョ焼きそばの販売は11月14日(月)

全国のスーパーやコンビニエンスストアで購入することができます。

なお、希望小売価格180円(税別)なので店舗によって多少の違いが出るかもしれません。

 

販売まで2週間あまり。

ワクワクしながらその時を待ちましょう。

 

スッパムーチョも見逃せない

image4
出典:https://www.myojofoods.co.jp/news/

カラムーチョファンなら、すっぱムーチョについても気になるところではないでしょうか。

スッパムーチョはカラムーチョの姉妹品で、梅干しの酸味が人気のポテトチップスです。

実は、このすっぱムーチョも一平ちゃんとのコラボが決まっています。

販売予定は同じく11月14日(月)。

 

こちらも醤油ベースですが、そこにポークの旨みとガーリックやジンジャーのパンチ、魚醤やカツオエキスのコクを加えた、旨ダレが特徴です。

ふりかけは紀州産の梅チップと梅肉粉末に梅酢エキスパウダーと梅尽くし

当然、酸味が口の中に強烈に広がります。

 

なお、気になる価格ですが、こちらも希望小売価格180円(税別)ですから財布と相談せずとも試せますね。

 

○まとめ

  • カラムーチョ焼きそばは11月14日(月)に希望小売価格180円(税別)で販売予定
  • 適度な辛さに濃厚醤油をベースにした旨みとパンチの効いたソースがベストマッチでやみつきになりそう
  • 辛さをプラスしたい人は本家カラムーチョをセルフトッピングするのがおススメ
  • 同時発売のすっぱムーチョも見逃せない

 

日清食品と湖池屋のナイスなコラボから目が離せませんね。

いえ、一口食べたら舌もまた虜になって離せなくなるかもしれません。

11月14日はスーパーやコンビニエンスストアへ行きましょう!

スポンサーリンク