ゲームが好き、と一言で言っても人によって好みのジャンルや、遊びたい物は変わってくるのが当たり前です

お手軽かつ簡単に遊べるゲームが好き、という人もいれば、ともかく難しいゲームを味わいたい、という人もいると思います

今回は、そんな難易度を求めるゲーマーが喜ぶ、歯応え満点の新作PS4タイトル仁王」についての情報を調査していきたいと思います


仁王ってどんなゲーム?

仁王、と聞くとあの厳しい顔をした、金剛力士像を思い出す方も多いのではないか、と思いますが、もちろん、その「仁王」の事ではありません

2月9日に発売となった、コーエーテクモゲームスの新作ソフト仁王」は、実は2017年から13年近く前2004年に開発が発表された作品です

 

コーエー、シブサワコウプロダクション、黒澤プロダクション3社共同プロジェクト鬼(仮)」として開発が進められていましたが、様々な事情から頓挫していました

紆余曲折を経て世に送り出されただけに、ゲームの出来はかなりの物になっているのではないかと思いますし、待ちわびていたユーザーも多いかもしれませんね

 

肝心のゲーム内容としては、ものすごく端折って言ってしまえば「戦国ダークソウル」です、勿論システム的に似ている、というだけではありますが

何度も死にながら攻略法を見つけ出していく、いわゆる死に覚えゲーと呼ばれる類のゲームですので、総じて難易度は高めに設定されています

 

また、アクション部分だけでなく、レアアイテムを見つけて装備やキャラクターを強化していく「ハクスラ」的な要素にも力を入れているようです

ストーリーやムービーといった部分にもかなり力を入れて作っているようで、各業界の有名クリエイターなども参加しているのが特徴的です

 

コーエーが得意とする「戦国時代」の歴史を舞台に、その裏で起きていた「闇の戦い」を描く、というストーリーは、なんともワクワクする物がありますね

また、作中に登場する人物を、実力派の有名声優や、有名俳優などが演じているのも、魅力的な部分ですので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてはどうでしょう?




あなたにオススメのコンテンツ


 

ダークソウルと比べて難易度は?

さて、ゲーム部分としての印象は「ダークソウル」シリーズに似ている、という事もあり、難易度はどうなのか、と気になる方も多いと思います

 

基本的なシステム部分は似ている、とはいえ「構え」によって変化する攻撃方法や、スキルの成長など「仁王」独自のシステムも多数存在します

「ダークソウル」シリーズは比較的、そういった成長要素の比重が軽いように感じるので、単純に比較すれば難易度自体は「ダークソウル」シリーズに軍配があがるのでは、と思います

これはあくまで個人的な意見ですが(笑)

 

勿論、製作しているスタッフや会社は同じではないので、例えば「操作性」のクセなどで違いも出てくると思うので、「仁王」の方が難しいと感じる人もいると思います

どちらも「死にゲー」という根幹は共通していますので、どちらの方が難しいか、というのは最終的にはユーザー次第という部分も大きいのではないでしょうか

 

事実、引き合いに出している「ダークソウル」シリーズでも、ユーザーによって「どのボスが辛かった」「どの箇所が大変だった」意見がバラバラになる事が多々ありますしね

結局の所「似てはいるけれどゲームとしては別物」なので、一概にどちらが難しいか、という比較はあまり意味がないかも知れませんね(苦笑)

 

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=y7B_kNQ-Zws]

 

オンライン要素は?

さて、やはりこの時代に発売されたゲームであるからには、オンライン要素が大なり小なり含まれているのが当たり前になっています

仁王」もやはり、複数のオンライン要素が盛り込まれているので、紹介しておかないといけませんね

 

・ミッション攻略中に死亡したプレイヤーが妖怪化して襲ってくる「血刀塚
相手となるプレイヤーのレベルや装備などが反映された状態で襲ってくるので手強いですが、倒せばその装備などを入手する事もできるようです

・協力プレイヤーを呼び、どちらかが死ぬまで協力してくれる「まれびと招喚
オンラインでマッチングする事で、その場限りの協力プレイが楽しめるようになっています、どちらかが死んだ時点で協力プレイは解除されてしまうので注意が必要ですね

・二人でミッションクリアを目指す「常世同行
こちらは一時的な物ではなく、二人一組でのミッションクリアを目指す協力プレイで「まれびと招喚」とは違い、死亡したプレイヤーを復活させる事ができます

 

現在実装されているオンライン要素はこれだけのようです、いわゆる対戦プレイなどは現在ないようですが、今後のアップデートで実装される可能性もあります

また、本編終了後を描く大型DLCを三つ予定しているようなので、ゲームの内容もさる事ながら長く遊べるタイトルになりそうですね

 

仁王PS4まとめ

  1. 開発発表から12年の大型タイトル!
  2. 難易度はプレイスタイルや人による?
  3. オンライン協力なども多数、大型DLCも予定

やはり「ダークソウル」シリーズと似ている、という事で話題になっている作品ですが、個人的には良い出来になっているのではないかなと思います

「ダークソウル」シリーズを遊んだ事のある人は「仁王」を、逆に「仁王」を遊んだ人は「ダークソウル」も遊んでみると違いがはっきりわかって面白いのではないでしょうか