ピザポテトは再販されるようですが、カールが販売を西日本限定にしたりと最近はこの2つの商品のことでオークションサイトで高値で販売されるなどちょっと話題になりましたよね。

しかし、私たちが知らない間にいつの間にか終売されていたお菓子があったのです。既に終売されている商品の為、食べられないものもありますが既に店頭から消えてしまったお菓子たちをご紹介します!



カール(カレー味)



出典元:http://catalog-p.meiji.co.jp/products/sweets/snack_biscuit/010201/08761.html

カールは西日本での販売を決めましたがカレー味と大人の贅沢カールなどの商品は西日本でも販売はされず終売されます。

カールが東日本での終売の話題が盛り上がりすぎて知らない人も多いかもしれませんが同じ明治製菓のピックアップも同じく終売されます。
コンビニでこのピックアップに似たお菓子がありましたが、その商品も見かけなくなったとか・・・。

無くなる前にもう一度食べたいという人は、コンビニにある類似商品の方が手に入れやすいそうなのでコンビニに走ってみてください!

ポポロン



出典元:http://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2013/detail/20130909_02.html

昭和51年から発売されていた一口サイズのシューにチョコレートクリームの入ったシュースナックでした。このポポロンが平成15年2月をもって終売されていました。最近見掛けないなぁとは思っていましたがまさかの終売とは・・・。

筆者の私も子供の頃に食べたことのある懐かしいお菓子なので終売を知っていたら最後にもう一度食べたかったのでとても残念です。

このときの発表でポポロンに代わる商品や類似品の発売予定はないと発表されているので、もう食べることは確実に出来ませんね。

サイコロキャラメル



出典元:https://pucchi.net/hokkaido/hakodater/201607ds.php

1927年に発売した小さなサイコロの形をした箱に入ったキャラメルのサイコロキャラメルも終売していました。誰もが子供の頃に一度は食べた事のある懐かしいお菓子の1つですよね。

しかし終売したはずのサイコロキャラメルが北海道限定の土産用商品として復活させると北海道にある明治の子会社道南食品が発表。
それまで全国で売られていたサイコロキャラメルはすべてこの道南食品で製造されていたことも明らかになりました。