海外のSNSで話題になり日本でも食べたいと思っていた方も多いのではないでしょうか?そんな最先端スイーツのコーンショットまたはエコショットとも呼ばれるスイーツが食べられるお店が原宿にオープンしました。

2017年1月に日本初上陸したばかりのこのコーンショットどんなスイーツなのか原宿近郊以外の人も食べられるのか?などコーンショットについて調べてみました。



コーンショットとは?


出典元:http://anywheredoor.jp/index.html

アイスクリームやソフトクリームに使われているコーンを内側をコーティングし容器として使用。そのコーンの中にコーヒーや紅茶を注ぎ器となっているコーンも食べられるというスイーツ。

コーンのカップの淵はチョコクランチやアーモンドなどがトッピングされカップの底にはチョコクリームやマシュマロが入っています。

カップに使われているコーンも食べられることからエコショットとも呼ばれています。

食べ方は?


出典元:http://anywheredoor.jp/index.html

最初はカップの中のドリンクを飲みます。その際器でもあるコーンも一緒に。中のドリンクを飲み終えたら底からチョコクリームやマシュマロが出てくるのでこれもコーンカップと一緒に食べちゃいましょう。

飲み物というか本当にスイーツ感覚で食べるという感じの最先端スイーツですよね。見た目も可愛くてSNS映えするので海外のSNSから話題となり人気になったスイーツなので日本でも一度は食べてみたいと話題のスイーツのひとつになっています。あまりにも新感覚過ぎてどんな味がするのか想像出来ないのでスイーツ好きなら一度は食べてみたいですよね。

ここで思うのが、原宿まで行ける距離に住んでいないと食べれないのか?地方在住の筆者も都心で何か新しいお店がオープンしてもネット販売などが無いと味わえないので毎回ここは調べてしまいます。

お店の場所


出典元:http://anywheredoor.jp/index.html

実店舗は東京都渋谷区神宮前3-27-15FLAG1A

気になるのがネットで購入が可能かどうかですが調べたところ購入は可能でした。カップの淵のトッピングやカップの底にチョコクリームやマシュマロの入ったコーンカップをギフト用として販売しています。購入するにはショップのサイトに行きトップページの下部に楽天で購入・アマゾンで購入とあるのでそこをクリックすると購入出来るサイトへ飛びます。

店舗でもお持ち帰り用としてサイトで購入出来るコーンカップと同様のものが購入出来るので、お友達やご家族にお土産として買って帰ることも出来ますね。

また、店舗も混んでいるのでは?と思いますが注文時に好きなコーンカップとドリンクを注文するのですが作るのにそれ程時間が掛からないようで待ち時間もそこまで長くないようです。

お店の混雑具合は曜日や時間帯などにもよると思うので時間には余裕を持ってお出かけしましょう。

他には?


出典元:http://anywheredoor.jp/index.html

コーンショットの他にワッフルコーンの中にとろっとろのティラミスの入ったメルトティラミスや期間限定で様々なスイーツを販売。

画像のコットンキャンディーアイスは北海道のミルクを贅沢に使った濃厚なソフトクリームの周りを綿菓子でデコレーションしたもの。この綿菓子の色はホワイト・ピンク・ブルーなど日替わりで変わります。綿菓子の上のトッピングはカラーポップコーンやチョコレートクランチやスプレーチョコなどから好みのものをチョイス出来るので自分だけのオリジナルコットンキャンディーアイスが食べられます。

コットンキャンディーアイスは6月12日から販売されていますが11月末までの販売予定と期間限定商品なのでお近くの方は期間内にぜひ自分だけのオリジナルコットンキャンディーアイスを食べてみてくださいね!残念なことに期間限定の商品は現状はネットで買うことが出来ないので実店舗の全国での展開を期待したいところですよね。

お値段は?


気になるお値段ですがコーンショットが380円ドリンクが230円から370円まであり一番安いものでも610円(税抜き)します。1つのデザートに610円と金額だけ考えてしまうと少々お高い気もしますが、たまの自分へのご褒美にはぴったりですね。

また実店舗へお出かけの際に注意したいのはゆっくり座れる席が数席しかなくほとんどの方は歩きながら食べるスタイル。なのでゆっくりと座って落ち着いて味わいたい方には送料は掛かってしまいますがネットで購入することをおすすめします。610円もする高級なデザートをおうちでゆっくり味わうなんてのもちょっとした優雅なひと時で良いですよね。ネットで購入出来るコーンショットは5個入りなので大切なお友達やご家族と一緒に優雅な時間を過ごすのも現地で味わうのとまた違った雰囲気で良いかもしれないですね。