“コーヒーと輸入食品のワンダーショップ”と自ら銘打つ、「カルディ」こと「カルディコーヒーファーム」。

その名のとおり、店舗内に一歩足を踏み入れればウキウキとワクワクが止まらないほどのカラフルでおしゃれなパッケージに包まれた、豊かな品ぞろえが自慢の人気店です。

もちろん、コーヒーが主力商品ではあるのですが、そこに並ぶお菓子の数々は女性ならずとも心を鷲掴みにされる人が続出しています。

そこで、2016年人気のお菓子を定番から新作までベスト5をギュッと集めてご紹介します。


 

甘いものから塩辛いものまでバリエーションはさまざま

パリパリとした食感がやみつきになると、男女問わず人気があるのが「キングアイランドココナッツチップス」(税込124円)。

(出典元:http://kaldi-online.com/)

ココナッツの果肉を香ばしくローストしてあるので、ココナッツ本来の甘い香りと塩味がなんともいえない絶妙なバランスと評判です。

アイスクリームにトッピングしたり、シリアルのようにヨーグルトや牛乳と組み合わせたりと食べ方のバリエーションがあるのも魅力の理由です。

続いては「ダールマンズ キャラメルワッフルボックス」(税込583円)。

(出典元:http://kaldi-online.com/)

キャラメルフィリングをしっとり食感のワッフルでやさしくサンドしてある、オランダのお菓子です。

コーヒーや紅茶にキャラメルがぴったりで、ついつい食べ過ぎてしまうという声も。

ホットドリンクを入れたマグの上にのせると、キャラメルがほどよくとけてトロッとした食感をさらに楽しめるという、裏技的な食べ方も人気です。

3つめは「もへじ 黒糖くるみ」(税込321円)です。

(出典元:http://kaldi-online.com/)

和のお菓子がランクインしていることに驚く人もいるかもしれませんが、カルディは日本の食材にも強いのです。

それというのも、バイヤーが自らの目と舌で確かめた逸品がそろっているからです。

そんなバイヤーの目にかなった商品のひとつが、こちらの「黒糖くるみ」。

食品添加物等も使っていないので、子どものおやつとしても安心だとママさん世代にも人気です。

バッグに入れておくのに便利なファスナーつきパッケージなのもうれしい商品です。

4つめは「フィリピン セブ島 ドライマンゴー」(税込298円)です。

(出典元:http://kaldi-online.com/)

こちらはセブ島のマンゴーのフレッシュな美味しさを損なわないように乾燥させた一品です。

ドライにすることでより濃厚なマンゴーの甘みを存分に楽しめます。

小腹がすいたときに、食物繊維豊富なマンゴーがちょうどいいと、ダイエットを意識する人にも人気です。

最後は「カルディオリジナル パンダ杏仁豆腐」(税込194円)。

(出典元:http://kaldi-online.com/)

こちらはド定番商品ながら、今年も不動の人気を誇るカルディのヒット作です。

パッケージのかわいらしさはもちろんですが、肝心の味もトロトロした食感とやさしい甘さがいいと、常にファンを満足させてくれます。

そのまま冷やし固めてもいいのですが、一度パッケージから取り出して軽く温め、好きな型に入れて冷やし固め、オリジナルデザートとして楽しむこともできます。

簡単なのにオリジナル色を出せるのが、人気の秘密かもしれません。




あなたにオススメのコンテンツ


 

  まだまだカルディの勢いはとまらない

全国展開しているカルディ。

その商品の数は実に多彩で、ここで紹介したのはほんの一部でしかありません。

さらにこれから秋へと季節が移り変わると、新商品が続々と登場するという情報も…!

まめに足を運ぶか、オンラインショップをチェックするか、いずれにしても目が離せそうにありません。

そしてどうぞ自分だけの「カルディ・ナンバーワン」を見つけてみてくださいね。

 

まとめ

1. 人気トップ5は「キングアイランドココナッツチップス」「ダールマンズ キャラメルワッフルボックス」「もへじ 黒糖くるみ」「フィリピン セブ島 ドライマンゴー」「カルディオリジナル パンダ杏仁豆腐」

2. 季節ごとに新商品が並ぶので、秋のカルディも要チェック

3. たくさんの商品からマイナンバーワンを見つけるのも楽しい

皆さんのお気に入り商品はランクインしていたでしょうか?

カルディの本当のおもしろさは、たくさんある商品のなかで自分のお気に入りを見つけることと、そしてそれを親しい人とおしゃべりをしながら楽しむことにあるのかもしれません。

なにしろ、カルディは“食のワンダーショップ”なのですから。