コストコ1
出典:http://www.costco.co.jp/p/

 

コストコ”こと、“コストコホールセール”といえば、いわずと知れた“会員制倉庫型店”。

簡単にいえば、たくさんの種類が倉庫タイプの店舗にズラッと並んでいて、見ているだけで楽しいスーパーマーケットです。

 

そのコストコで、9月1日より年会費が改定されると発表されました。

そこで、年会費改定でコストコがどうかわるのかを調査してみました!

 

年会費はどう変わる?

コストコ2
出典:http://www.costco.co.jp/p/

 

現在、コストコの年会費の種類は3つ。

会員種類 年会費 年会費(値上げ後)
個人会員 4000 円 4400 円
法人会員 3500 円 3850 円
追加会員 3500 円 3500 円

ゴールドスターと呼ばれる「個人会員」、ビジネスと呼ばれる「法人会員」、そしてビジネス追加会員です。

価格はそれぞれ、4000円3500円、3500円。

それが2016年9月1日より、それぞれ4400円3850円に変更されます(ビジネス追加会員のみ価格変動なし)。

 

新規に会員登録する場合はもちろんですが、更新する場合も9月1日からは改定価格が適用されることになっています。

値上げの理由は、コストコの企業理念にみることができそうです。

コストコでは常に経費を節約し、その分を会員の皆様に還元する、としています。

つまりいたずらに利益を追究しての値上げではなく、よりよいサービスと品質の向上のため、といえそうです。

実際にビジネス会員を対象とした、1回の買い物の合計金額が30,000円以上(税込)であれば配送サービスを受けられるという「ビジネス配送サービス」を始めていますし(配達エリアについては要確認)、一部の倉庫ではガスステーションも新規展開しています。

 

そうはいっても「値上げはちょっと…」と思う人がいることも事実。

ですが、そこはコストコ。

それでもオトクなことがいっぱいあるようです!!

 

会費とは逆に値下げする商品も!

コストコ3
出典:http://www.costco.co.jp/p/

 

価格設定が常に流動的であることも、コストコの特徴です。

そのとき、そのときで、ベストな価格で高品質のものを提供してくれるのですから。

 

実際に値下げされている商品の一例をあげてみましょう。

 

◆ディナーロール(36個入り)

498円→458円

 

◆ミックス&マッチマフィン(6個×2)

838円→798円

 

◆ロティサリーチキン

799円→699円

 

◆プルコギビーフ米国産チョイス肩ロース

100グラム160円→148円

 

どれもコストコの人気商品といってもよいものばかりです。

年会費がプラスされても、これらの人気商品を購入すれば…

そう、実は変化がほとんどないようになっているのです!

 

さらなるオトクをねらえ!

コストコでは、週替わりや週末限定、期間限定など、さまざまな切り口でセールを開催しています。

その情報をもれなく入手することが、オトクに買い物をするために欠かせません。

 

これらの情報は会員であれば、メールマガジンに登録でき、そのメルマガによって入手できます。

ちなみに、現在は「かみのやま・射水・野々市倉庫店のオープン1周年記念スペシャル」として期間限定ですが、全倉庫で特別割引が実施されています。

 

コストコの「会員の皆様のために」という太っ腹な姿勢こそ、年会費改定以上のオトクをわたしたちにもたらしてくれるのかもしれません。

 

まとめ

1.2016年9月1日より年会費が改定される

2.ゴールドスター(個人会員)は4000円から4400円に改定

3.年会費とは逆に値下げされる人気商品も多い

4.メルマガ登録でさらにオトクに買い物できる

 

もし、これから会員になるつもりなら、今月中に手続きを済ませるのもいいでしょう。

でも、もし年会費があがるなら退会しようかな…と考えているのなら、ちょっと踏みとどまって再考することをおススメします。

 

スポンサーリンク