ニンジャカラスザメ” は2010年に発見され、太平洋サメ研究センターの調査で新種だと判明しました!

それにしても興味を引く名前です。

このニンジャカラスザメの生態と、命名の理由について、見ていきましょう!

ニンジャカラスザメについて

 

ニンジャカラスザメの画像

まずは”ニンジャカラスザメ”の姿から。

画像は↓になります!

ニンジャカラスザメ

ニンジャカラスザメ2出典: Youtube

見事な真っ黒ボディですね!

なんだか深海魚っぽい見た目をしています。ちょっと怖い。

 

生態

名前:ニンジャカラスザメ (学名: Etmopterus Benchley)

分類:カラスザメ科カラスザメ属

体長:未熟な個体だと約30cm、50cmまで成長

生息:ニカラグアからパナマに伸びる地域

深度:274m-1000m

 

 

最初の種はアメリカで見つかっているようですね。

体長は、鯉よりも少し小さいぐらい。

サメの中では小さい部類になります。かわい…くはないですね^^;

 

ニンジャカラスザメは発見されたばかりなので、詳しい生態などはまだ不明です。

 

ちなみに”カラスザメ”って?

“ニンジャ” ばかりに目が行ってしまいますが、そもそも”カラスザメ“ってどういうサメなんでしょう?

ここを調べれば、少しはニンジャカラスザメの生態が見えてくるかも…。

まずはカラスザメの画像から↓

カラスザメ出典:ぼうずコンニャク

おお、ニンジャカラスザメにソックリです!!

というか正直、違いがよくわからない…。

ニンジャカラスザメは新種だと判明するまで5年かかりました。

もしかしたら、最初はカラスザメと同一の種なのではないか?と調査員の方は考えていたのかもしれませんね。

 

カラスザメは背ビレに棘があり、迂闊に触ったりするとこの棘で攻撃してくることがあるようです。

かなり鋭い棘なので要注意です! 触る機会なんてないと思いますけど

 

そして、カラスザメ科のサメは発光器官を持つ種がいます!

発光する理由は、他のサメとコミュニケーションをとるためだと言われています。

具体的な用途としては、オスが生殖器を発光させてメスを誘ったり棘を光らせて威嚇したり…

うーん、なかなか隅に置けないヤツです。

“ニンジャカラスザメ” も光るのかなぁ。

 

カラスザメは海漁業でよく混獲されるみたいです。

味がイマイチで食用に向かないので、漁師の嫌われ者だとか。

[ad#co-1]

 

命名の由来

 

ニンジャカラスザメ

8歳から14歳の4人の子供が発案したそうです。

理由は、“黒い忍者衣装みたいだから”

やっぱり外人のお子さんは、ニンジャが好きなんですね。

 

Etmopterus benchleyi(学名)

“benchleyi” というのは、誰もが知る「ジョーズ」の原作者、”ピーター・ベンチリー”さんから。

なんて名誉のある名前なのでしょう!

それだけ価値のあるサメちゃんってことなのでしょうか?

 

ちなみに、”Etmopterus” というのは、主にカラスザメ科のサメにつけられる名称のようです。

 

まとめ

  • 真っ黒で深海魚みたいな見た目をしている
  • カラスザメにそっくり
  • “ニンジャ”は、真っ黒な見た目から子供たちが発案した
  • 学名の”benchleyi”は、「ジョーズ」の原作者、”ピーター・ベンチリー” から

 

まだ発見されたばかりで、ニンジャカラスザメに関する資料が少ないです。

しかし、その名称から多くの人々の注目を得たのは間違いありません。

これから詳しい生態などが研究されることになるでしょう!

 

最後まで見て頂き、ありがとうございました!

→海の竜巻!ゴンズイ玉とは!?